小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
思考の違い。この国の子供でも。
JUGEMテーマ:日記・一般
 ”Somewhere Street ”世界のふれあい、街あるき." という TVJapan の番組です。
 今回はワシントンを案内しブラ歩きしながら路上の人達にインタビュー。 驚いた事です。

 それはホワイト・ハウスの前で10歳ぐらいの女の子にスタッフが質問「将来あのビルで働きたいですか?」と。
 予想には反して彼女曰く「ノー。私はあそこでは働かない。 彼らが私の為に働くのよ」と。

 こんな答えは日本人の子供からは国会議事堂の前では出ないでしょう。

 日本の「民主主義」とアメリカの本当の「民主主義」教育の違いが子供でさえはっきりと出ています。つまり、自分、民が中心で政府は民の為にあるという基本です。
| ozawany | 視野の確認 | 12:48 | comments(0) | - |
イスラム国の資金源は?
JUGEMテーマ:日記・一般
 
 つぶせないイスラム国。 なぜなのかと考え思いました。これはヴェトナムのゲリラと似ているのですね。 大国アメリカが大爆撃を繰り返してもつぶせなかったヴェトコン。同じです。
 でも、イスラム国は架空の国で国境で区切られた国ではありません。 国家予算なしでなぜこれほどにまで続けることが出来るのでしょう? どこからお金が出ているのでしょう? 財源を断ってしまう事ができればアッというまに消滅するはずです。
 では、財源や資金提供者についてはニュースは触れない事にも疑問を感じます? 何かヴェールに隠された言えない事があるのではないでしょうか?と疑いたくなりました。

 
| ozawany | 視野の確認 | 07:32 | comments(0) | - |
日本の味じゃない。 日本食と言えない。
JUGEMテーマ:日記・一般

 外国に住み始めてショックな事の一つに、日本食が日本食の味じゃない事態(レストラン)に遭遇した事ではないでしょうか? やっとの思いで探し当てた日本食レストランで、出てきた物が全く期待はずれどころか食べられた物じゃ無かった事が?
 さて、これは日本人に限っての事でしょうか? 違うのでは。 例えばですが、本国からきた中国人にも中華料理にそう感じる人もいる事を知って下さい。
 よーく考えて見ましょう。日本にある沢山の外国料理店。 殆どが日本人客しか来ていません。 こんなお店を其処の外国人は何と言うでしょう? 次が例です。

1.中華料理:駅前には必ず有ります。ポピュラーです。てんや物の一つ。 でも中国人は入っていますか? これはもう日本料理ではないでしょうか? 中国人は食べなくても日本人には中華です。
2.インド料理:インド・カレーはインド人が食べるでしょうか? インド人に聞いた事は?
3.イタリアンのスパゲッティー:多くの洋食店のミート・ソースはイタリア人が食べるでしょうか? ましてナポリタンはイタリア人には何料理とおもうでしょうか? 多分「日本料理」でしょう。 

 つまり、同じ事なのです。 外国では日本人が日本食とは思えない日本食もあるのです。 つまり日本で起こった様な事がこの国でも、他国でもすでにあるわけです。 
 今までの外国人の様に、今度は受け入れる側になって見る事も初めての経験でしょう。 これも日本人にとっての国際化の一環ではないかと思います。
| ozawany | 視野の確認 | 10:35 | comments(0) | - |
車両を埋めてしまった中国政府を批判した中国人レーサーのブログのヒット数が5億でも、消されてしまいました。
JUGEMテーマ:日記・一般

 中国政府が車両を2日ぐらいでろくに原因を調べずに埋めてしまった事もすごい事ですが、中国人レーサーの書いた政府批判のブログのヒット数が5億と言うのもすごいです。 政府はすかさず消してしまいました。
 中国人は今政府に大きな疑問をいだいているので、批判できる人を探しているのです。でも捕まらなければいいのですが、、、。

 一方、日本のニュースでは中国の列車が開発時に日本の安全システムを使わず、フランスのものを用いた事を伝えていました。 一言多かったのは、日本の新幹線は一度も人身事故がないのに他所の物を使ったりするから、、、と付け加えた事です。 ここまで言ってしまうと、言いすぎで日本国の自画自賛になってしまい、中国と対して変わらないという事になってしまいます。
 
| ozawany | 視野の確認 | 17:56 | comments(0) | - |
日本人は英語好きでも英語べた。
日本人ほど英語が好きで、英語が下手な国民はいないのじゃないでしょうか?

まず、日本語のどんな会話にでもカタカナ英語が氾濫してます。 もう英語ときづかないくらいあたり前として使われてます。  そして益々多くなるでしょう。 

ちょっと前に、タモリ、さんま、たけしが、カタカナ英語禁止、使うと一打罰のルールでゴルフをしてましたがゲームにならなくなりました。

又、英語をカタカナで使っているうちに、その本来の意味からずれてしまって、英語が英語として通用しなくなると言う変な現象も起こってます。
 
多くの若い歌手は、意味の成り立たない英語文やカタカナ英語を歌詞の中に沢山入れています。 そして日本語を英語の様な発声にまでするのがあたり前の様にもなっています。 英語の発音が、いえ英語まがいの歌声が大好きなのです。

さて、もう一方では勉強熱心です。
英語塾ノバの生徒数が40万。 4000人の外人教師から生の英語を習っていました。 その他の英語塾を入れれば100万人ぐらいかも。 それに中高の6学年と大学生一部を入れると1000万の日本人が同時に英語の勉強をしている事になります。 約13人に一人ですか? 赤ちゃんや高齢者を除くとやく10人に一人ぐらいでしょう。 でも、実践できる人は極わずか。

方や全く得る所のない日本語化、もう一方で何時まで立っても向上しない英語教育の、時間とエネルギーの無駄。 どちらも薄っぺらな偽善の様な現象です。 英語と喋ってるような錯覚を得られるカタカナ英語。 英語で歌ってるように聞こえる解りにくい日本語。 どうしてそんなに偽者で満足できるのでしょう。 錯覚、妄想の域までたっしてませんか?

ソロソロ、日本人も日本政府も気がついて、何とかしてほしいもんです。 英語が下手なのは今の世代で終わらせないと。 もう現実として中国や韓国の方が、ずっと前を走っている事に気づいている人も少なく無いはずです。

ここでちょっと、、、、ドイツのケルンの大聖堂の話。
12世紀に立てられ始めた大聖堂には三人の賢者の聖遺物がそなえてあって大人気を博しました。 人々は300年以上にわっって、莫大な献金をした為、建築がつづき、聖堂はますます立派になりました、と同時に教会の堕落もはびこりました。 ところが1559年にルターが出てきて人々に、献金より内面の向上のほうが大事だと説きました。 改心した人々は献金で救われようとする事をやめて真の信仰心の向上に励んだ為、その後300年以上も献金は少なく、大聖堂の建築は中止したままだったそうです。

英語が宗教としたら、塾や受験英語は聖堂。 そしてせっせと献金する日本人。 ルターの宗教改革の様に誰か日本の英語教育の大改革してるれないかなー? 

追: 皆、英語だいすきなんだから、生まれたときから英語も日本語と一緒に教えてしまえばいいんじゃない。 幼児は英語を区別できないので自然に覚えてしまいます。小学生になる頃には、みんな英語も日本語もぺらぺら、なーんてね。

追; ヨーロッパ人には子供のときから、2−3カ国語を喋ったりするようになるのだから、ちょっと研究したほうがいいよね。
| ozawany | 視野の確認 | 14:17 | comments(0) | - |
DAILY SUN 外務省発表 6月27日付 
アメリカ人からとったアンケート。日本人の信頼度とか、日米の協力関係とかだって、、、
アンケートは、一般人からの結果と、有識者からの結果と別々の数字でかいてあったヨ。外務省って所はアメリカ人を一般人と有識者の区別ができるんだって。どうやって区別するのか私も知りたいので今度聞いてみようかな? でももし、アメリカ人が聞いたら、差別だとか、区別だとか、POLITICALLY INCORRECTとかいわれないかナ? でも、どうして日本人にもアンケートをとらなかったのかナ? そっちのほうがもっと知りたかった。特に、日本人の誰が一般人で、誰が有識者なのか。日米のそれぞれの結果が全く違ったりしてたら、、、、そういうのを思い違いっていうんだろうネ。 
| ozawany | 視野の確認 | 12:26 | comments(0) | - |
祭りってなあに? お祭り? 何を祭ってるの?
日本祭りてやってたよね。賛否両論。日本のお祭りって後からごたごたした意見交換みたいなもんあったかな? お祭りって、それがあって、それがおわって、おしまい。また来年、みたいなもんだよね。ああ楽しかった、なんてネ。 普通は女の子誘ったり、ひょっとして彼女来てるかな?とか、かわいい子に会えるかもとか、、、云々で、、そんなもんなんだよネ。 夜店が出て、輪投げとか、子供じみたゲーム、金魚すくい、綿菓子、他にいろんな食べ物、、、ちょっと怪しげだったり、、、。つまりお祭りなんだよナ。何かまつってあって、つまり神様かなんだかなんだよな。 でも今度のN.Y.の祭りって何を祭ってたんだろう? 役人と企業の色は良く見えたんだけど、誰が祭られたのか知ってる人がいたらおしえて!
| ozawany | 視野の確認 | 11:29 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ