小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 50年前は古臭いですが、、、。  そのー2. 50年後でも変わらない事は? | main | 詐称?がまかり通る宣伝。    そのー2. 博士。 >>
「詐称?」まがいがまかり通る宣伝。  そのー1. 日本語なら可能。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 この国の英語の出版物は当局から検閲されていますが日本語の出版物は検閲されていません。 規則違反の宣伝が横行しています。

 

 例は次など。

1.「痛みのない治療を約束」: 倫理上違反。痛みが全くない事はないからです。 アメリカでは「No Pain」などとの宣伝は50年以上まえから禁じられているのですが日本語ではまかり通っています。 こんな常識を知らない歯科医です。。

2.「費用の心配をさせません」: 心配したら訴える事が出来る事になり間違いとされます。

 

以上のような宣伝は気持ちに訴えていますが、この国では事実のみでなくてはならないのです。

 

 情報誌やフリーペーパ―などは日本語なのでこの国では許可されない類の宣伝が掲載されています。 そんな常識や規則をわきまえて居ない歯科医です。 さてそんな宣伝をだしている彼らの診断や治療に規則違反はないのでしょうか?

| ozawany | 日本語でも信用できない | 08:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:35 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ