小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 博士を名乗る人。 間違い? 詐称?  そのー2. 足病学。 | main | インフルエンザ予防に成功? ある老人施設からの報告。 >>
「ドクjター」の正しい理解。   そのー2. 医学校じゃなくてもドクター。

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 医学校じゃない学校でもドクターになれます。 でも医師とはいえないかも?  次を参照。

 

1.検眼士(D‽?): ドクター・オブ・オプトメトリー。 眼科医じゃない。 Dr. でも医学校を卒業した眼科医ではない。あくまで眼鏡やさん。 でもドクター。 MDの肩書きは記載されていません。

2.獣医(VD)  : ドクター・オブ・ヴェテリナリー・メディスン。動物専門。MD(医者?)ではない。動物対象。

 

足病学DPD) :  ドクター・オブ・ポダイタリー・メディスン。足病学という専門学校の卒業者です。 

  卒業すると「ドクター」の称号。 でも医師とは言えない?まして博士?(ドクターを誤訳?)ではないでしょう。

 注:医学校には「足病科」という分野ははありません。 よって卒業は医学校ではないのでMD(医者?)ではないでしょう。

 

4.整骨医(DO):ドクター・オブ・オスティオパス。 Docoro of Osteopath. 整骨医もドクターですが、一般に言われる日本の医者とは違うでしょう。 ドクターですが医師とはちょっと違うかもしれませんね。

 

理学療法士: ドクター・オブ・フィジカル・セラピー? 日本語訳は整体師です。。 ドクターなのですが、、、。 

 

 

7.歯科医(DDS): ドクター・オブ・デンティストリー。  歯学校です。医師ではありません。 博士でもアリません。

| ozawany | 気がつかない日本人。 | 23:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ