小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 林美香(足病学先生)からの訴訟は却下。 そのー2. | main | ドクターの種類には色々ある。   医学校以外の多くの学校でも。 >>
「詐称」まがい」でもまかり通る。  そのー1. 宣伝 (改定版)。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

1.東大とかその他の日本の大学を卒業と思える記載で。 

  ある弁護士のホーム・ぺージのプロフィールに東大の記載。

  でも東大卒から伺った事は「卒業生名簿には載ってません」と。

 

2.あるドクター(先生)が「博士という訳が辞書にあるから博士」と思って博士と名のっている。」。

  間違い勘違いでも詐称とも考えられます。 間違いでもこの国での日本語はまかり通っているようですね。

 

 肩書きを取得した人が自分の肩書きを実際以上に評価されるように記載している節が見受けられます。

 宣伝とはそう言う物でもあり、そうでもあるのでしょう。 注意が必要。

 

 有名大学の卒業記録がない。検索が必要。 

 記載の多くは、実際には研修、短期修学、卒業なし、転校、再入学の大学、名前だけの記載? なんてまであるでしょう。

 何でもかんでも記載する事で自己宣伝となっている様ですね。 逐一細かく調べて見ましょう。 

 そうする事で、どれだけ宣伝がいい加減な物かが理解出来るでしょう。

 

 

 追:広辞苑で宣伝は「実際以上の評価効果を求めてする物」とあります。 「実際以上」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ozawany | 気がつかない日本人。 | 21:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:19 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ