小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< カレーとカツカレーの違い。 | main | カレーとカツカレーの違い。 3. >>
カツとカツカレーの違い。 2.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 以前、カップ・ヌードルが最初は売れませんでした(80年代)。

 売り手の会社は理解に苦しみ四苦八苦。 そしてアメリカ人との細かい研究の末に行き当たりました。 

 日本人は麺と考えていたのがアメリカ人にはスープだった事が。 

 つまりこの国に人はスープに麺がはいっていると考えるのです。 ヌードル・スープです。

 

 で、スーパーの棚を麺類(スパゲッティなど)の棚からスープの棚にかえたのです

 すると途端に売れ出しました。 この事は何時も話される逸話です。

 

  見た目から判断してしまったと言う事でしょうか? 棚をかえてスープとしただけで理解を得られたのです。

 全く日本人には思いつかなかった発想。 この国のちがった観念から起こった事ですね。

 

 よって、カレーも今まで日本人がカレーを広めようとして来てももう一つ人気が出てない事が理解出来るのではないでしょうか?

 この国では「カツカレー」がただしく、「カレー」ではダメだと考える事も大事かも。

 ちょっとした名付け方から違いがでたのはカップ・ヌードルと同じ事かもしれません。

 

 ヌードルでは売れなかったのがスープでは売れた。同じ物がです名前の違いから売れるようになった。

 同じく、カレーは売れなくても、カツカレーは売れ始めている。 面白い事です。 消費者の思いこみから売れ行きが違う事は。

| ozawany | 思ってもいなかった事 | 08:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:52 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ