小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 職業を「さん」ずけで呼ぶ日本。 特異かも。 | main | アマ所属中にプロと契約はご法度とは? >>
勝って泣く、負けて泣く。 ナオミ大阪。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 ナオミ・大阪が勝って涙を流しました(9−3−18の4回戦)

 

 国際試合の場合には勝って泣く人は見る事がまずないでしょう(注ー1)。 勝って泣くのは日本人独特?

 

 喜びを体で思い切り表限するのが西洋、特にアメリカ。 まねする日本の選手も最近は多い時に、大阪には胸を打たれる思いも感じられます。 

 ハーフで日本人じゃないみたい、なんて言われた彼女が日本人以上に日本人かもしれません。 お母さんの影響が多いのでしょう。

又、長女という落ち着きも備えているようですね。

 

 応援。

 

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1. 数年前にテニスのマレーがオリンピックで優勝して涙を流しました。 ヨーロッパ勢には涙をながす心がある様ですが、まず米国ではないのではないでしょうか? そんなアメリカを知って置きましょう。 めそめそはダメ、常に前向きに強気なんてです。 

 

 

 

 

| ozawany | 視野の確認 | 07:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:21 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ