小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< カタカナを考えてみる。 そのー1. | main | カタカナを考えて見る。   そのー3. >>
カタカナを考えてみる。 そのー2.

JUGEMテーマ:日記・一般

 カタカナ語の由来。

1.ラムネ、、、、、Lemonade。 De(ど)は本当は子音で聞こえないので発音しないほうがつたわる。Le(レ)も早く発音するとラに聞こえる。 

2.ミシン、、、、 Sowing Machine の一部。       

3.シャツ、、、、、Shirts で複数なら「。。。ツ」の理由が分かる。 単数なら「シャー」だけだったでしょう。T は聞こえてなく複数のときのみ聞こえたのでしょう。

 

もっと理解が困難なのは次。

4.サシチ、、、、、Sandwich サンチでも通じるかも。

5.サシズ、、、、、Sausage. ソーシズのほうが近いかも。

6.メリケン、、、、American. メリケンで通じます。    

7.アイスクリン、、IceCream

8.その他も多くある。

 

ここで分る事は明治時代のカタカナの方が今のカタカナより英語の発音に近い事。

 

ではいつからカタカナが英語の発音からもっと違ったものになったの?

多分昭和、戦後じゃないでしょうか? ローマ字が使用され始めたのが理由じゃないかな?

ローマ字自体が文字だけ英語で発音は日本語。 :

 

疑問が浮かびませんか? 答えを知る事より、疑問を持つ事が大事でしょう。 既成観念をボーと受け入れる事はソロソロやめるべきでしょう。疑問や問が次に進めてくれるのでは?

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:35 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ