小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 英語力を嘆く日本人。  其のー3.  | main | 国という観念を無くしてみた。  其のー2. >>
国という観念を無くしてみた。  其のー1.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 私は50年近く前にこの国に来た時に決めた事でした。 「国と言う考えを無くしてしまえばこの国でも日本と同じように生きて行けるのじゃなか」と。 

 無茶な話ともおもわれましたが、私はいまでもそう信じています。そしてその時の理由は次でした。

 

1.違った国だからといっても同じ人間が生活している。私も普通の米国民と同じ人間なのだから同じ様に生活が出来る筈。

2.国の違いは文化。 文化を十分にマスターすれば日本でと同じように生活が営める

3.言葉(英語)もマスターすれば日本語と同じ様に話せる。 日本語を喋る事と同じに過ごせると

 

 そして私はこの国の文化に精通するようになる事、英語をネイティブと同じ様に話せる事に重点を置いて学業に励み生活上でも励んできました。 

 その頃からですが、今でも私は永住とか帰国とかの観念は有りません。 今住んでいる土地で周りと同じ人間として生きる事だけを考えて生活しているので帰るとか残るとかと言う意識も無くなっていた、ありません。 私はこの土地に住もうと考えたのです。そして必要な事をするだけと。

 

 一寸神戸からはちょっと遠い町に住んでいるだけと考えました。 

 遠い国と考える事はしない事にしたのですし、その後もしない事を続けています(飛行機が早くなれば、時間が短くなる筈と考えて)。 住んでいるのは国じゃなく土地と考える事にしてきました。

 ちょっと難しい事だったかも。でも皆さんも試してみませんか?

 

 

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:26 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:26 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ