小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 都民ファーストはこれから県民ファースト、市民ファーストに。 | main | 息子が私を見ています。 >>
訴訟と裁判。その1。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 訴訟、訴えられたなどと言う「悪い人」とか「裁判」などの言葉が浮かぶのが日本人ではないでしょうか?

 もしそうなら、全く間違っています。説明します。

 

 1.訴訟とは訴える事。 

 2.裁判とは訴えた人と訴えられた人が裁判所で決着をつけられる事です。 始まりと終りであり、同義語ではありません。

 3.裁判にまではなかなか行き着きません。

 4.裁判の前に弁護士同士の議論が長く続きます。弁護士同士が裁判官をとおして議論するのです。

 5.やがてどちらも弁護士費用が重なる、どちらも全面的な勝が見込まれない事が判明する。

 6.折り合いなんらかの和解。

 7.よって裁判にまで達するケースは一割も無いので訴訟と裁判は違う事を書きました。

 

 訴訟には不埒な物が多いです。その理由は次回。 

| ozawany | 思ってもいなかった事 | 08:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:10 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ