小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 中学校が一年半後に謝るとは。 見つかって認めるのは犯罪じゃないか? | main | 思春期は問題が多いのじゃなく良い機会。 子供は凄い速さで学んでくれるのでしょう。 >>
足病医学博士とはどんな医者?

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 この国には足病学と言う分野が存在します。 でも日本には有りませんし認められてもいません

 この国にあるPodaiatry school (足病学学校)で足病学を学んだ人はドクターの肩書を貰います。 ドクターである事はドクターであるのでそうです。

 

 でもドクターという言葉、肩書は英語です。そこで足病学ドクターの定義を検索しました。

 Doctor of Podiatric medicine, physician(内科) or suregeon(外科)とあります。

 でも日本政府が認めていない肩書なので日本語での名乗りは正しいのでしょうか? 英語を勝手に日本語に訳した物はただしいのでしょうか? 辞書によると訳は「足病学医師、足病学外科医」とあります。

 

 ここで疑問です。 日本で又日本語では認められていない肩書が日本語で書いても正しいでしょうか? 

 日本では認められていないし日本語の肩書など定義も存在もしない足病学の肩書です。 この国でドクターという英語の肩書があるからといって医師とか博士と日本語で名乗る事は正しいのでしょうか? 

 

 出来ても出来ない事であっても、問題は足病学のドクター医師とか博士と名乗ると日本人一般に誤解を招きかねない事です。

 足病学のドクターは所謂日本の医師でも博士でも無い事が理解できますね。 

 

追。医学校には足病科はありません。 足病学は医学校の一部じゃないのです。足病学は医学校に併設されてもいません。

医学校からは全くはなれた位置に存在する学校です。。

 

 

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 10:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:21 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ