小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 裏金ってなんですか? | main | NHKの海外子女、帰国子女という番組はとってもいいと思います。。 >>
メラミンって本当に害があるの? どのくらいの量でどれ程の害?
JUGEMテーマ:日記・一般

メラミン、メラミンの近頃ですね。 そしてピッツァを売った店が槍玉にあがってます。

ここで、ちょっと待てよと思いました。 
確か冷凍ピッツァに入っていたメラミンの量は人間の食べてもいい量の何分の一とか、ヨーロッパの規定量の20分の一とかいってました。  じゃ、日本の規定量は? 本当にこんな量だったら、それでも害があるのでしょうか?  間違ってたら教えてください。 確か45ppm という極微量だったのでは?

それに、なぜか店の名前ばっかりが前にでてきて、肝心の材料の卸業者、輸入元、中国の生産者は浮き彫りにされてません。 一体誰が悪くて、誰が入れたのかの方が大事であって、この店には実際の罪はないのでは、、、? 

メラミンの入った生地を仕入れ、加工、料理し、販売して責められてしまうという事は、どんなお店でも仕入れた生地を全部自分で検査しなければならないとなってしまうのでは?、 他の全てのお店やレストランはどの様に対処するのでしょう? ちょっとニュースの焦点がおかしいのでは?

ニュースは聞いた後で、自分で考え直し、見直さなければ焦点がずれて大事なポイントを見逃してしまいます。 そうおもいませんか?

追: 汚染は何処にでもあります。 空気、水、魚、、、、人間が口に入れる全ての物が汚染されているのですが、一定量まではオーケーとなっています。 でも、国によって決められた量がちがう事を診ると、じゃ一体どれが正しいのでしょう。
| ozawany | いいかげんだね | 02:02 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:02 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ