小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 足病医学博士とはどんな医者? | main | 思春期の息子がチラッと私をみます。  >>
思春期は問題が多いのじゃなく良い機会。 子供は凄い速さで学んでくれるのでしょう。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 息子が思春期を迎えてしばらくなります。

12歳ごろからちょっとづつ気難しくなると言うか、親が構う事に反発するような態度が出ました。

 

 その時、私は息子が私の関与の必要が無くなったと考えたのです。一般とはちがうかもしれません。

 私は息子の感性が研ぎ澄まされている。必死な思いでであるのに自分自信は感知していない、と考えました。

 つまり息子の内面に映り出されたり、浮き上がる観念などを息子は必死に消化しようとしていて必死なのではと思ったのです。

 私は息子には神から与えられた能力が有る筈。 誰もが経験する当たり前の時期。 すると自分で乗り越えて行く筈と考えました。 同時に私には重荷が軽減しまひた。 

 親にとっては難しい事態だと考える事は間違っているのではないかと考えました。

 最初から息子が思春期になれば彼に任せておけばよい、と信じて居なかった自分に後悔、反省しました。

 思春期は自分にもあったのですし、その時に事をかんがえれば息子はただ見つめているだけで成長してくれる筈となぜ考えないのかと気づいたのです。自分が親に求めていた事でした。

 

 感じやすいと言う事はそれだけ感知し学べる事です。

 息子は思春期で一生懸命ものすごいスピードで学んでいる、家庭のみでなく周りの世界に気づき、その刺激をうけながら一生懸命に戦っているのです。思春期です。息子は神から授かった命とともにそれだけの能力がある。親が教える事をしなくても自然から、周りから自然に感知して学ぶ事が出来るのが思春期ではないでしょうか? 子供が親の教えをを十分にまなんで、やっと自然という世間というか大人の世界の現実に気づく時期でしょう。 それにはもう親を必要としない時点なのです。

息子は親ばかで自分も同じ時期を過ごした事をおもいだせば、もう息子は親が構わなくても成長すると理解するべきでしょう。

子供が成長するのは親がいるからのみではないのです。 親は残念ながらもういなくても子供は自分で育つ時期が来たのですね。。

 

 

 思春期の子供の扱いは難しいと私は思っていました。

 でもそれは間違った既成観念、世間の言う事かもしれません。 

 私は思春期の子供は反って簡単で頼もしいと思えたのです。やっと親の責任が終わり、あとはこの子の能力で伸びる時点が来たと思いました。 親離れのはじまりではないでしょうか。 自分で学びはじめたので、やがて親とおなじぐらいにはなってくれると。

 

で、再確認というかまちがっていたのではないかという既成観念にかんしてです。

 

 もしかして、難しいのは親のほうではないかと考えるべきでは?

 もしかして、親がついて行けないので問題とかんじているのでは? 

 もしかして、敏感なのは自然では? 成長期の当たり前の事。 自然が子供に求めている量が多い。で子供は親にまでは対応できないのでは?

 もしかして、親には分からなせい知性が発達しているのでは? 

 

 以上が確かなら、子供は放置しておけば一番良いですね。 息子は自分で学ぶときが来たのです。親はもう構わないのが一番かも? 

 私は息子が私の子供であるので私が私自身を信じるように、息子を信じる事に決断したのは彼が4歳前後の頃ででした。 

 改めて今度気がかりになった自分を顧みて、心配なのは自分自身で有る事、親ばかというか自分の未熟さと改めて感じました。

 

 私は私の息子の全てに満足する事にずっと昔から決めたのです。ですから信じます。彼を。

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 10:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:07 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ