小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< おかしな答弁。 言葉の意味がなりたっていない。 | main | 不法侵入が半減でも一か月に1万人。 トランプを納得しては? >>
絶対大丈夫という高校教師の間違い。

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 那須での雪崩で7人の高校生が亡くなりました。 父親の涙に共感しました。 人災だと。

 

 二つの意見があると思われます。

1.予期出来なかった。 

2.起こる可能性を知っている、又は感知していての教師。 ベテラン。

さて、貴方はどう考えますか? 次が私の意見です。

 

 学校側の主張に「絶対大丈夫と考えた」との発言がありました。

 絶対なんて事はない事を知っているのが大人で教師で有る筈。

 

 絶対という事はこの世にはまず存在しないというのが本当と考えるべきでしょう。

 絶対とは絶対行ってはいけないという格言が有ります。 Never say never.

 大人なら、まして教師という教えて導く立場の人間には必ず念頭において良い認識でしょう。

 

 すなわち、詭弁とも思ってようのではないでしょうか。いえ詭弁でしょう。

 

 言葉で自己弁護、なんとなくそうなんだ、仕方がないのかな、なんて思わせるな言葉でしょう。

 つまり、責任回避の詭弁とおもいます。

 

 子供を指導する立場にある大人には生徒を率先する場合には全ての責任を負っている事が前提に有る筈とおもいます。

 

追:自分の子供を育てている環境での私の言動も同じ責任を感じるこの頃です。

| ozawany | 視野の確認 | 11:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:00 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ