小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 名刺は二枚ある。 | main | 老後には帰国するべきでしょうか? >>
何にもしない事も大事でそれもする事ですね。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 親はとかく子供に構ってしまいます。後でしまったと思っても又構ってしまいます。

 第一子にはどうしてもしてもしてしまいます。 

 子供が何人も出来た場合には構いたくても構えない程忙しくなるので時間とともにそれほどに一人一人を構わなくなります。

 でも、一人っ子だと構わらずにはいられないです。いつまでも続けてしまうでしょう。 

 

 小生の息子も一人です。あらゆる努力で彼を出来る限りに優秀にと思い、いつまでもあれこれ構っている自分に気づきました。

 でもある日、それはやめようと考えたのです。でやめました。

 

 先日、何とか豊さんの面接番組。彼が言った事に賛同。どうやって娘さんを上手にそだてなのですか?という質問でした。

彼曰く「私は私が一番出来ない事を事をすると決めたのです」「何もしないという事が一番できない事なので、それをする事に決めたのです」と。 彼はそうやって娘さんを育てたそうでした。

 

 娘さんからのコメントでした「お父さんありがとう。私がしたいようにさせてくれて。 お父さんが気に入らない事でも私が決めたことを受け入れてくれて」と。 

 娘さんは成長して一人前として立派になったようです。 

 本当にむつかしい事です。 でも私も息子を信じる事にしました。 

 息子は私と嫁の子供です。 嫁さんも私も信じていますから、息子もおなじような才能がある筈なので信じてやる事にしました。

 神様は子供を親以上にはしてくれないかもしれませんが、親以下にもしないでしょうと考えました。

 

 

 

 

| ozawany | パパから息子へ | 10:26 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:26 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ