小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 京大の教授より大田光が生徒に認められる。 | main | 地下鉄はトレイン?。 それともサブウェイ? >>
超早期教育の害。 気づきましょう。
超早期教育の害について週刊文春にかいてありました。
週刊誌の記事であって、専門誌じゃないのでが一応ちゃんとしたソースが載ってましたので少しは参考にできるでしょう(注ー1)。 

それは0−3歳児を相手にした「超早期教育」を受けた子供の中に、奇声を上げたり、壁に向かって念仏を唱えるようになる子が出てきたというのです。
「早期教育を受けた子供は小学校3−4年生までぐらいは成績がよいが、その後息切れしてしまう。 反対に子供の発育に応じた育てられ方をして、たっぷりと遊びころんでいた子供がグングンのび始める。」と伝えてました。

思えば、概念を会得するのは小学校3年の頃です。 掛け算、そして難しい概念の分数。 この頃から抽象的な考えがそなわるのですね。 それまでは自由でのびのびとした環境をあたえ、肥えた下地を多く作っておく方がよいということでしょう。

槍玉にあげられてるのは、七田式。 
知りませんでした、教室が450もあるそうです。 多いのは役に立たない塾や英語教室ばかりとおもっていたら、こんな商売もはやってるのですね。 乗せられてる人達はかわいそうですね。

フラッシュ・カードで難しい漢字などを覚えさせたりするらしいのです。 
知識の詰め込みと脳の働きの促進との思い違いでしょう。

私事で恐縮ですが、三歳までは、私は親の温かみだけが必要とおもっています。 
ナーサリーを選ぶ時にも温かさの感じられたところにしました。
幾つもの有名なところは、子供に対する熱心さや温かさより、自分たちの教養や履歴ばかりを前にだしていたので鼻についたのです。 親達に媚びてる様に思えたのは私の間違いでしょうか?

先日ゴルフ場に寄った時に突然息子がゴルフをしたいと自分からいいだしました。 やらせてみると、熱心なので続けさせてます。 
本人は分かるのでしょう。 自分が何をしたいか何があってるか。

モンテソーリーは言ってます。 子供は自分に何が必要が知っている、と。 
子供は自分がなにを学ぶべきが知ってるようにそれを求める、と。 
そして、親はじっと観察してあげると、子供に何が必要がわかる、と。

私は20年後をたのしみにしてますが、さて息子の人生はどうなるのでしょう、、、。
どんな親も子供の幸せを願っているのでしょうが、これだけは解りません。 
私はにできる事はあまりないのですが、一つだけ約束できる事は、息子の力をいつも肯定的に「必ず、いつも、大丈夫。出来る」と信じてやる事です。

注ー1.慶応大学医学部小児科、講師、渡辺久子。 東大名誉教授、汐見稔幸(何の教授か書いてません) 「くもん子ども研究所」の調査の結果の引用。 徳島大学総合化学部教授、佐野勝徳著書からの引用。 




div class="jugem_theme">JUGEMテーマ:学問・学校


JUGEMテーマ:健康


JUGEMテーマ:JUGEM


| ozawany | 幼児と母親 | 22:55 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:55 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ