小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< カタカナ英語は止めるべき。 悪しき習慣。  | main | 日本の放送では事情は把握は無理。 片手落ち? 洗脳? >>
カタカナはもう英語の代用品まで身分が落ちてしまいました。
JUGEMテーマ:学問・学校

 現在カタカナが使われるのは外国語(主に英語)の代用語としてが殆どです。
 元来、男文字だったのがいまでは英単語まがい英単語としてか使われているのです。 全く身分を落とされてしまいました。ですから早く、カタカナを元の男らしい身分に戻して上げませんか、、、。

 前回記載したように、英語は日本に上陸するといち早くカタカナになってしまいます。 先日番組を見ながら数えてみたら5分間で約8。 後ろの表示や画面の下方に出る言葉に関しては10以上でした。 又、議員さん達の討論では15になる事も。 好きですね、偽英語が。 
 思えば90年中ごろに「マニフェスト」が’発せられてから、その傾向は益々過激になりました。 もはや日本語はカタカナ英語を使わずに喋る事は不可能です。

 90年代に流行った面白い企画がありました。其れは「たけし、さんま、タモリ」の三人の恒例「英語禁止ゴルフ」。 全く面白可笑しくて笑いこけました。 でもこれはお笑いじゃなく「日本国の風刺」である事に気づきました。 お笑いは世の中を反映しています(注ー1)。 
 とにかく、英語なしではゴルフは出来ません。 つまり、日本人には無数の英語をカタカナ英語にし、それをカタカナ日本語とまでにしている事に対する風刺です。 カタカナ日本語(英語)は数え切れないほどに定着。 つまり英語が日本語になっているので外国語という感覚麻痺まで起こっています。 
 それが日本でそれでいいのだというのが一般の考えでもあるのでしょう。 こんな国は他に見当たらないのでは? 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1: タカアンドトシの「欧米化?」も政治家や各界の先生(?)達があまりにも頻繫に使うので、其れを取り上げたのですね。

 
| ozawany | カタカナ。 無用で有害。 | 22:50 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:50 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ