小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 駆け引きに長けていない日本人。 | main | イチローの移籍には驚き?、疑問? で納得。 >>
中学生が同級生を自殺に追い込む若者の狂気。 それを見ぬ振りをする大人。 
JUGEMテーマ:日記・一般
 
 11月に自殺をした中学2年生の問題はよく考えればもう15年前以上まえから起こっていた事です。18歳未満の自殺者が500人とかあったのです。運動会に出たくないという中学生の脅迫文もありました。でもいじめや自殺は誰も責任をもって取り上げなかっただけです。

 思えば以前に若者の憧れた尾崎の自殺があった頃からの傾向でしょう。14−5歳のアイドル歌手の自殺もありました。90年代半ばになるとネットで一緒に死ぬ人の募集が募られるようにもなりました。それぞれの報道はあっても、社会全体の歪みという全体像をつかんで報道する事はありませんでした。

 少年犯罪と反対側の犠牲者に対ても周りの人達は『彼は普通の子供で別段変わった事も無かった』としか言いませんでした。 とにかく事なかれ主義で済ましていたのが事実でしょう。 学校も『別に何の問題も無かった』などと言って知らないふりをしていたのですが、今回に至ってやっと警察が立ち入って隠されてきた事実がでてきました。

 一人の生徒に何人もが『死ねとか、自殺の仕方を練習させていた』とは自殺(殺人)示唆です。同級生をを自殺に追い込もうとする行為をするとは十分に犯罪です。

 こういう一連の問題は親達が一番の責任の有る者です。
学校の先生方の情け情けなさも問われるべきです。。
また、他の子供達ももいじめをしている生徒に向かって戦う勇気もあってもよいのでは?。 
いったい誰の責任なのでしょうか? 日本では何事もあいまいに始末されてはっきりしません。
福島が良い例ですね。 誰が責任を負うのでしょうか? 福知山線の事も組織が悪かった、社長は悪くない、なんて遺族はないていました。

 一方、アメリカでは明確です。日本もアメリカを真似することしか出来ないのですから、こういう事件に対してもアメリカを学んで見る事もだいじではないでしょうか。 
アメリカでは個人の責任が問われます。コランバイン、そのたの犯罪で少年であっても、大人としての裁が下されています。 今回の3人組(?)はあまりにも残忍です。
13−4歳の子供のする事では無いと考えるのも一方、そうなのであればそれなりの処罰を与えるべきです。 未成年でも大人と同じ罪をおかしているのなら大人と同じ処罰をアメリカのように貸されるべきと思います。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
| ozawany | 狂ってる日本に気がつかない日本人。 | 18:30 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:30 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ