小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
<< 子供が自分と似てない。    そのー1.でも自分の子供だから。 (改定版の2) | main | 大西洋は池と呼ぶアメリカ。  ロンドンは都市で国扱いじゃない。 >>
子供が自分とにてない。  そのー2. 本当は似ていた(改定版2)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 私は昔から母親似といわれていました。私の顔が母親似と同時に、いつも母親にべったりとだったともいわれ、一方で兄は父親似でいつも父親とよく話としていました。 

 

 そんな私が30を過ぎてお酒も飲めるようになった頃に、突然父親と話が伝わるようになりました。面白い展開でした。

 私が読んでいる週刊誌と父親の読んでいる週刊誌が同じだったのです。突然私は父の考えている事が手に取るように理解出来始めたのです。話が合い始めお酒がすすみました。 親子のお酒はおいしいです。

 そんな時に、一方で兄は子供ができた後に父とぶつかってしまいました。その後全く話をしないようになったのです。。

 

 私事で恐縮です。兄は父親顔だったので父親にとみられた事。兄は長男なので父親の期待にそって行動した。 でも、30過ぎになって私も兄も自分自身が現れたのです。よって私は父と突然仲良くなり、兄は絶交となったのです。

 

| ozawany | 子供を愛する | 20:15 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:15 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ