小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
30人に一人は外国籍の親を持っている。 クラスに一人はいる。
JUGEMテーマ:日記・一般

南部さんの国籍違いの報道のあとに続いて出たお話です。

今年、国内で生まれた子供110万人のうち、3万5千人が外国国籍の親(片方又は両方)を持っているそうです。 
30人に一人と言う事で、すでに幼稚園でもクラスに一人はいるそうです。

国籍の問題を見直す動きが出てきたとの事ですが、、、、、。

ちょっと抜かしてほしくない事があります。 
それは海外で生まれた子供達の事です。
20歳で同じ選択の立場に置かれるのですから、数を調べてして一緒に報道してほしかったです。。 

そうするともっともっと多い人の問題とわかるのです。 
これまでの人たち、つまりもう成人してしまった人たちを含めると、相当な数です。
ですからもっと大きく取り扱うべきでしょう。

何も知らずに生まれてくる子供達に、片方の国籍を放棄させる事は、権利を奪って仕舞う事ではないでしょうか?

そして、南部さんのように成人の場合も、同じ事だったのじゃないでしょうか?

政府は早く日本国籍の維持を認めるべきです。

米国を初め、その他の多くの国が認めているのですから、日本は非常識で遅れているといえるでしょう。 








| ozawany | 時代遅れの法律と規則かえて! | 01:50 | comments(0) | - |
南部さんは日本人でもアメリカ国籍。 アインスタインはユダヤ人でもドイツとスイスの二つの国籍。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
日本のノーベル賞受賞者で湧き上がった日本の報道陣。 後にちょっとした訂正がありました。
南部さんはアメリカ人と登録されていました。ですから、日本人受賞者のの数がへってちょっと残念です、云々。

日本の姿勢がはっきりと出ました。 
日本人だと言ってお祝いの報道し、日本人じゃないと言って他人事としてそれをやめる。 
他の2人の方々は相変わらず引っ張りだこで日本の誇りと言う風な報道です。

さて話を変えて、南部さんは日本人じゃないのでしょうか?と言う問いです。
私は南部さんを日本人だと思います。 同じ日本民族の一人として、自慢をし、お祝いし、誇りに思います。

日本も南部さんを日本人とみなせば、自慢できるよいチャンスなのに。 
 
なんと言う、国民的損失でしょう。 

日本人とは民族をさし、国籍の事じゃないので、政府以外の日本は南部さんを日本人として誇りに思ってそう取り上げればいいのじゃないでしょうか?

追: アインスタインは二重国籍じゃなく、スイスとドイツの二国籍だそうです。

追: ひょっとして、野茂もイチローもその内、いいえ既にアメリカ市民かも、、、、、、。
そうなら、日本政府や日本人はは彼等をどうあつかう事になるでしょうか?

 
 



 


| ozawany | 時代遅れの法律と規則かえて! | 11:50 | comments(0) | - |
二重国籍、どうしてダメ?
アメリカ国籍をとると米国は日本国籍を捨てろと言わないですが、日本は届けて同時に日本国籍を捨てろといいます。 つまり、アメリカさんは二重国籍を認めてるのに、日本は認めてません。 

アメリカで生まれた人だけは認められて、生後に米国籍をとった人は認めないと言うのも、ちょっと理由がわからない。

米国人と結婚して米国市民になって生活していた人が歳をとり、夫となくし、一人になり、気がつくと日本で年老いた親が介護が必要になり、帰国したくても旅行ビザしかもらえないと言う人の話を聞きました。 

さて、ドイツの話を聞きました。 ドイツ人は他国籍を取得してもドイツ人であることに変わりないと見てくれて、いつまでもドイツ人として見なしてくれるそうです。 ドイツ国民は国に愛されていて、守ってもらえるのですね。

日本の国籍をすてないと、300万以下の罰金と5年以下の懲役とか、、、、。でも誰も捕まっていないそうなので、黙認と言う事だそうです。 早く法律変えてよ。

民主主義とは少数の人を大事にすることでもあり、これからドンドン増える事は目に見えてる二重国籍。 相変わらず、日本政府の対応は遅いのです。 離婚後180日たってないと赤ちゃんに戸籍が無かったって話、知ってますか? やっと今年法律が変わったよね。 明治に出来た法律だったんだって。

追: 老い先短くなったある老人が施設で「なせ、帰国しないのですか?」と言う問いに答えました。 「日本では国民は政府の為に存在するけど、この国では少なくとも、政府は市民のために存在する」と。 法律と規則で縛りつけ、例外や少数を認めない政府は民主主義より共産主義にちかいよ。

| ozawany | 時代遅れの法律と規則かえて! | 02:01 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ