小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
英語を学ぶには実践から。  1。 道を聞く 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 英語をどうすればうまくなるのでしょうとよく聞かれます。 私が昔に気づいて用いた方法を利用できるのではないでしょうか?

 

 1.「周りは全て英語の先生と同じ」と気づいた すべての英語が存在。

 2.周りの人を利用する事で簡単に英会話のレッスンが出来る。 無料。

 3.問いかけてみれば答えてくれる。 こっちは外国人なのだから親切にしてもらえる。

 4.問を発想する事で単語が増える。

 5.なんでもいいから聞く事。

 6.では道を聞くのが一番手っ取り早い事でした

 

 次回は道の聞き方。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 18:35 | comments(0) | - |
カタカナを考えてみる。 そのー2.

JUGEMテーマ:日記・一般

 カタカナ語の由来。

1.ラムネ、、、、、Lemonade。 De(ど)は本当は子音で聞こえないので発音しないほうがつたわる。Le(レ)も早く発音するとラに聞こえる。 

2.ミシン、、、、 Sowing Machine の一部。       

3.シャツ、、、、、Shirts で複数なら「。。。ツ」の理由が分かる。 単数なら「シャー」だけだったでしょう。T は聞こえてなく複数のときのみ聞こえたのでしょう。

 

もっと理解が困難なのは次。

4.サシチ、、、、、Sandwich サンチでも通じるかも。

5.サシズ、、、、、Sausage. ソーシズのほうが近いかも。

6.メリケン、、、、American. メリケンで通じます。    

7.アイスクリン、、IceCream

8.その他も多くある。

 

ここで分る事は明治時代のカタカナの方が今のカタカナより英語の発音に近い事。

 

ではいつからカタカナが英語の発音からもっと違ったものになったの?

多分昭和、戦後じゃないでしょうか? ローマ字が使用され始めたのが理由じゃないかな?

ローマ字自体が文字だけ英語で発音は日本語。 :

 

疑問が浮かびませんか? 答えを知る事より、疑問を持つ事が大事でしょう。 既成観念をボーと受け入れる事はソロソロやめるべきでしょう。疑問や問が次に進めてくれるのでは?

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:35 | comments(0) | - |
カタカナを考えてみる。 そのー1.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 1.カタカナがますます蔓延しています。もうひらがなと同じ様に使用されている。
 2.もっと増えるでしょう。
 3.カタカナは(英語、その他の外国語)なのに日本語として使われているようです。ひらがなとの区別なしにです。
 4.カタカナとは英語を日本人に理解させるべくして使われた文字です。英語の発音を変えた物。
 5.明治時代には外国語に触れ合う事が珍しかったので必要だった所業では?
 6.もうその必要はない。本物の英語でも日本人は受け入れられる筈です。特に読み書きは出来るでしょう。
 7.英語はアルファベットでそのまま記載し、発音して使う事をするべき。
 8.日本化(カタカナ)してしまう事はもう必要じゃないと思います。明治の遺物でもある、英語のカタカナ変換は無必要。
追:確か韓国やその他の国は英語をそのままアルファベットで使っている。
  一方、英語圏ではラテン語、フランス語、イタリア語などをそのまま使っている事にきづきませんか?
  何時までも明治のしきたりを引きずっている事にはもういい加減にきづいて変えて行くべきでしょう。(例:300日ルールはやはり明治の遺物だったのがやっと数年まえに変えられた)
| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:28 | comments(0) | - |
日本は平和なニュースばかり?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 「日本は平和」と思うこの頃。 ニュースで報じられている事で印象に残る物は次。 相変わらずの政治以外で、

 

1.TOKIOの謝罪。 酔っ払ってキスをした?だけの事で大騒ぎ。Tokio だからなの? でもTokioって一体どれ程の物?

コメント: その辺のバー街でいつも起こっている事。よく考えると山口と女子の個人の問題。日本中の問題じゃない。

 

2.福田淳一のセクハラ。 

コメント: 有名校卒業(東大?)で58歳の政府高官。エリートのバカさです。幼稚で低俗。キスとかおさわりです。

   もう一つの問題はエリートと言われるまでに出世した人の受けてきた教育を養われていたはずの教養でしょう。

   「どんな様に育てられどんな学校で教育を受けたらこんな人間が出来るのか?」が本題で議論されるべき。

 

3.53歳の知事の3万円

コメント: ニューヨークの元知事スピッツアーの買春は10万以上だった。 

   比較してこの知事が庶民とおなじ3万とは情けない。 で涙の謝罪とは豪傑さも何もあった物ではありません。 

   何時かの歌舞伎役者の方が上ですね。「全て私のの不徳とする所からです」で収まった。まねていればみんな笑っておしまい

 

 メディアが大げさに報道しているために焦点が外れています。強姦未遂とかではなくただの「キス」なんて高校生か?

 報道も民を煽っているのでしょう。視聴率を稼ぐための映像? だったら報道自身もチンケで低レベルと気づきましょう。

 

 あーあ、よくかんがえればつまんない話題でした。 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 09:11 | comments(0) | - |
答案用紙。 見せた小学校。隠された中学。見せてくれたインター。。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 小学校: 周りの生徒に答えを囁いたり、答案用紙をみせました。周りの同級生だけでも助けてあげたかった。

 灘中学: 隣の生徒にチラッと目を向けたてしまった時、彼は腕で答案用紙を隠しました。

 インター: 英語が十分に出来きない一年目。 まだよく知らない隣の生徒が頼みもしないのに答案用紙を見せてくれました

 

 此処で貴方はどう考えますか?  

1.小学校: 私がした事は正しい? 間違い?

2.灘中: 隣のクラスメートでも答案用紙を隠す事。 なぜ? 

3.インター: みんなで良い成績を上げようという仲間意識だった。驚き。どのクラス・メートは優しかった。

 

 こんな違いから思いました。

競争するのはクラス・メートじゃなく少なくとも他校と。 出来れば日本中の学校と。そして理想は世界とではないか。

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 11:44 | comments(0) | - |
国と言う観念を無くしてみた。  そのー5.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 EUとはEuropa Union 略で違った国(人種)が同盟、連合したもの。 
  国々がもうヨーロッパを一つの国のようにして考えようとして出来た物。 国を国以上にレヴェル・アップした考え。
 思えば日本は明治になった時に国でもでもあった藩から日本全体を国と考える必要が出来て外国と対峙。 
 
 では現在に至っては日本もヨーロッパの様に国観念から脱出して大陸の視野を持つべき。 
 時代がそれを求めるでしょうし、やがて必要になるでしょう。
 理想としてで「世界が一つ」とまでになる前に段階的な進展が必要でしょう。
 それは近隣諸国が一つになる事が考えられますが、日本とアメリカでも可能かもしれません。
 私は自分という個人の中で実現できればと思ってきました。
 
| ozawany | 考え直そう、常識を | 21:19 | comments(0) | - |
国という観念を無くしてみた。  そのー4.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 個人的な経験からです。 それは渡米2年目に未熟な英語でもある女性と気持ちが通じ有った事からです。

 当時はこんな事ってあるのか?と目を見張る思いがありました。でも同時に心で通じ会える事に確信は浮かんだのです。

 そしてしばらくして彼女と親御さんが訪日までされて私の両親とも会合した事も大きな影響を齎しました。

 

 私は「この国でも生きて行ける」「何処の国の人間とでも通じ会える」事は当たり前と考え始めたのです。

 其の後も多くの人と通じ会ってきました。

 私が外国とも言われるこの土地で生きている理由です。

 

追: 灘中一年生の時にある神父さんから言われた事をいつも思い出します。

英語とはダダの言葉というVEHICLE(運搬用具)でしかない」。伝える内容を載せて運んでもらう用具と。 

 相手に着いて載せた物を受けとって貰えればよいのです。「英語という言葉自身に意味はありません。ただの言葉と言う用具で伝えたい事をしたためる為に存在する道具なのです」、と。

 

  

 

 

 

 

 

  

| ozawany | 考え直そう、常識を | 08:55 | comments(0) | - |
国という観念を無くしてみた。 其の―3.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 思えば国という観念を払拭し始めたのはインターに行ってからです。灘をやめてインターに入学した時には驚き、やがてそういう観念が目覚めたのでしょう。 次の様な事に気づかされました。

 

 1.外観から外人と思った学生がハーフだった。 半分は日本人で半分は外国人であった事。(注ー1)。

 2.4分の1日本、4分の1イラン。 半分はドイツなどの人間はどう考えて良いのか戸惑いました。

 3.黒人に見える生徒もいました。彼は中国とアメリカのハーフ。でも日本で育った。では何人? 

 4.インド、パキスタン人という生徒もやっぱりハーフ。 その他色々で、ブルガリア、ペルー、アルゼンチン、ETC.

 5.日本人に見えた、思えたのに韓国とか中国で外国人。 又中国か韓国とのハーフもいました。。 

 

 愕きました。「一体国籍って何だろう?」と(注ー2)。

 

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.日本人と違う顔立ちだとすぐに外人、日本人じゃないと考えてしまう傾向がありますね。最近ではナオミ・オオサカに対しての呟きにもありました。「日本人に見えない」などと。 私も50年プラスも前にはそんな一人だったのですが、今でもそんな事をいう若者が少なくてもいる事には少し落胆です。 でも大丈夫かな? これからの将来は、、、?

 

注ー2.国籍とはパスポートで判断するもの。 顔付や言語能力で判断するものじゃないですね。 顔、肌、言葉がどうであれパスポートが日本であれば日本人でしょう。 色んな種類の人が日本人であれば面白いですね。 違うものからまなべるのですから、、、。

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:43 | comments(0) | - |
国という観念を無くしてみた。  其のー2.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 コンコードというジェット機が出来たのは70年代初め。音速を超えたので普通の旅客機より倍以上早かったです。

 当時ニューヨークと東京の17時間はやがてコンコードのようなジェット機で6−7時間になると思いました。

 しかし、実用化されたのはコンコードじゃなく747の直行便で少し時間が短縮し12時間前後。

 期待したのですがいつまでたってもその飛行機は使用されなく、最近になって廃止。それに代わる物も30年以上出ていません。ガッカリです。

 

 当時に私が考えた事は「日本行きが6時間ぐらいだと日帰りも可能。週末を日本で過ごす事も可能」と。 遠い国という観念を払拭できると(注ー1)。

 残念です。私の夢はもう少し時間が掛かりそうですが(注ー2)いづれ可能になる筈と信じます。 そうでしょう? 

 すると国は県とか国内の地方の様な存在に変わると思います。

 

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. 80年代前半はドルは340円ー290ー220円と移行。 でもまだドルが強く日本は貧乏。電話料金は3分で18ドル。 駐在員も一時帰国は3年に一回という時代。 国は遠くはなれた物でした。

 

注ー2. 最近ロケット旅行を可能にしようという試みが民間企業で。 世界中何処でも1時間とか1時間半で行ける計画。すると日本も隣の州、県みたいな距離となります。 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:40 | comments(0) | - |
国という観念を無くしてみた。  其のー1.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 私は50年近く前にこの国に来た時に決めた事でした。 「国と言う考えを無くしてしまえばこの国でも日本と同じように生きて行けるのじゃなか」と。 

 無茶な話ともおもわれましたが、私はいまでもそう信じています。そしてその時の理由は次でした。

 

1.違った国だからといっても同じ人間が生活している。私も普通の米国民と同じ人間なのだから同じ様に生活が出来る筈。

2.国の違いは文化。 文化を十分にマスターすれば日本でと同じように生活が営める

3.言葉(英語)もマスターすれば日本語と同じ様に話せる。 日本語を喋る事と同じに過ごせると

 

 そして私はこの国の文化に精通するようになる事、英語をネイティブと同じ様に話せる事に重点を置いて学業に励み生活上でも励んできました。 

 その頃からですが、今でも私は永住とか帰国とかの観念は有りません。 今住んでいる土地で周りと同じ人間として生きる事だけを考えて生活しているので帰るとか残るとかと言う意識も無くなっていた、ありません。 私はこの土地に住もうと考えたのです。そして必要な事をするだけと。

 

 一寸神戸からはちょっと遠い町に住んでいるだけと考えました。 

 遠い国と考える事はしない事にしたのですし、その後もしない事を続けています(飛行機が早くなれば、時間が短くなる筈と考えて)。 住んでいるのは国じゃなく土地と考える事にしてきました。

 ちょっと難しい事だったかも。でも皆さんも試してみませんか?

 

 

 

| ozawany | 考え直そう、常識を | 06:26 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ