小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
林美香の訴えは全て却下された。 ドクターは博士じゃない。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

  林美香という博士と名乗っているドクター(足病学学校からのドクターの称号のみ)は私を訴えました

 彼女が「博士」と名乗る事には間違いがあるというのが私の主張で何度かブログに記載してきました。 そんな私の主張に関しての訴えでした。 私のブログの内容にが間違っているとでしょう。

 今回、裁判所は彼女の訴えを却下しました。却下とは「取るに足らない」「裁判に値しない」という意味。訴え自体が認められなかった。 

 

  一切の経過は最初から分かり切った事ではないでしょうか?。 無益にも彼女は私を訴えて敗訴?裁判所はその訴え自体をみとめなかったのですから。

 

  認められない事は最初から分かっていた事です。 過去のブログを読んでください。

  私は彼女を咎めたく思います。

  

 

  さて、林美香さんいい加減に「博士」という肩書の記載を取り下げててはどうでしょう

  貴方が「ドクターだから博士」という理屈は通らないという私の主張したブログのすべてに何の問題もなりと言う事が裁判所で認めたのですよ。

 

  貴方が言うように「ドクターだから博士」がだたしいなら、すべてのドクター、歯科医、獣医、カイロドクターその他のすべてが博士となってしまいますね。 でも彼等の誰も博士とは名乗っていません。 貴方だけです。

 

  日本語(博士)で日本人を誤解に導くような肩書きは詐称問題になるまえに控える事を進めます。 

  詐称として訴えられる可能性は十分。 この国の裁判所が貴方の言い分を認めなかったのはなぜでしょう。

 

  貴方は医学校から全く離れた存在である「足病学学校」という学校でドクターという称号を授けられました。

  Podiatry と言う英語の辞書の訳は「足病学」(まめ、魚の目などの)とあります。 そして貴方は自分が「博士」となのっています。 さて、皆さんどうおもいますか? 林美香が私を訴えて見とめもされなかったのは次のブログです。

 2016-09-17。 2017-02-04.  2017-06-10(これらはozawashikany のブログです、ハイパーリンクは少し待ってください。)。  2016-9-21.  2017-02-02. 2017-06-03.

 

追:日本人は「博士」とは「博士号」を取得した人と考えます。とても賢く学問を究めた人の肩書きと。 

 そんな日本人を相手に足病学学校という日本では認められてもいない専門職業学校でドクターを取得したからと言って「博士」と掲載する事は日本人を間違った思いに導いていのではないでしょうか? 事実数人から彼女が{医師だと思っていた」との報告もあるのです。

追−2:あなたの他のDPMのドクターはいち早く博士という記載を取り下げました。でもあなただけは取り下げませんね。

追ー2.貴方が訴訟にとりあげたブログは次です。 そしてそのブログは全てみとめられたのです。貴方の訴えは裁判する値がないと却下された事からももう一度考え直してはどうですか?

 

 

 

 

 

| ozawany | 訴える事が間違いの場合。 | 20:14 | comments(0) | - |
林美香(足病学先生)からの訴訟は却下。 そのー2.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 林美香という足病学ドクター(所謂医師、メディカル・ドクターではない)から訴えれたのは1年半程前でした。

 私の記載したブログの内容に関しての訴えです。 

 

 次のブログ が林美香が取り上げてた私のブログです。

  09-17-16   02-04-17  06-03-17  09-21-16   02-02-17  

 

 足病学校卒業のドクターが博士なのでしょうか? 

 

 追: 取り上げられたブログはもう一つあります。 ちょっと見当たらないので確認してから後日記載します。 

        

 

| ozawany | 訴える事が間違いの場合。 | 21:08 | comments(0) | - |
林美香(足病学ドクター)からの訴えは却下。  そのー1.訴訟と無駄。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 林美香という足病学ドクター(所謂メディカル・ドクターではない)から訴えれたのは1年半程前でした。

 私の記載したブログの内容に関しての訴えです。 

 

 でも、やっと3月28日に裁判所から正しい裁決の通達がありました。「林美香の訴えは全て却下する」とです。 

 勝訴と言えるまでの事ではありませんが、一応私の言い分が通った、勝ったともいえるでしょう。

 

 実際はとばっちりとも言える事でありました。

 無益、無駄な時間と費用が掛かったことには怒りを感じざるを得ませんん。

 

 詳細は後日に。

| ozawany | 訴える事が間違いの場合。 | 21:02 | comments(0) | - |
訴える事が出来る国。    そのー2. 訴える人と訴えられたひとの違いは?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 「訴えらえた人」は悪い人などとも感じられます。 でも違います。証明されました。全く違っている事が

 

  訴えたのは1.海外法人グループと 2.林美香

  どちらも裁判所から退けられました。言い分が通らないのです。却下されました

 

  訴えた彼等に言い分は訴訟でせす。 私は訴訟されたのですが、、、、

  でも、訴えに内容は裁判所で判断される事にはならなかったのです。 

  訴えの内容自身が認められなく却下されたのです。

 「裁判をする理由がない」と裁判官の判断により訴えが却下されたのです

 

  これは訴訟であっても裁判ではありません。 この国では誰でも誰をも訴える事が出来ます。不埒とも思える通らない理屈をもってして訴えられたと言う事でした。 全く迷惑千万でした。 これらの人達の人格に疑問を感じざるを得ません。

 

 

   

 

| ozawany | 訴える事が間違いの場合。 | 11:19 | comments(0) | - |
訴える事が出来る国。  そのー1. 通らなくても訴訟。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 訴えられる事が数回ありました。でもすべて勝訴出来ました。

 私のブログに文句をつけてきたこれ等の原告達の言い分はその訴えさえ認められなかったのです。 ブログがみとめられました。

 

 裁判じゃありません。裁判以前です。訴え自身が認められなく却下という事です。 それは訴えた原告の申し出には議論の余地もなく受けつけられなかったと言う事です。 全く迷惑千万でした。 次がその迷惑をもたらした原告です。  一体どんな人達か考えて見る事を進言したく、以下を参照にしてください。 私は全く迷惑と多大な費用が掛かりました。

 

 最近の二つ。

1.海外法人歯科グループボー・チュン(専門医の肩書きでも一般診療をしている)とロバート・リム(小児歯科医でも神経治療をしない、抜髄という神経治療まがいだけしかしない)の二人から。 ブログが「中傷、営業妨害」と。

 結果:2018年10月1日に裁判所が彼等の訴えを却下。 裁判にも至らない時点です。申しでた事が認められなかった。

 

2.林美香、足病学校でドクターの称号(肩書)を取得した先生(ドクター)。でも所謂日本で言われる医者、メディカル・ドクターじゃないド⒦ターからです。「博士じゃない」という事を記載したら訴えられた。

 結果: 2019年3月28日に裁判所が彼女の訴えを却下。 裁判に至る前に裁判所が認めなかったのです。 

 

 これらの事実から理解出来る事は次ではないでしょうか?

1.全く不埒とも思える所業と考えられる。 理由は言い分が裁判所で議論されるまでにも至らなく、言い分自体が受け付けられなかったのです。 これは裁判じゃなく裁判以前です。

2.全く同じ事。不埒な言動と考えられます。

 

追。 この二人(三人)の人格を私は疑います。 正しいとは認められない主張をしていた事により私は多大な迷惑を講じたのです。 そんな人達とは一体どんな人達なのでしょう。 認められない言い分で訴える輩達でした。

 

 

 

 

| ozawany | 訴える事が間違いの場合。 | 10:10 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ