小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
プロペラ機を知らない。 現代っ子? 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 飛行機は昔はプロペラ機であったとの話をすると「知らない、なんの事か分からない」という人に出会いました。

「え!」 プロペラ機を知らない? ジェット機の前にはプロペラだった事をしらない? 映画や白黒のドキュメンタリーにでてくるでしょう?

 

 昨年、KFCが日本の物と思っていた人にであいました。 英語、ケンタッキー、アメリカ、となって気づくはずでは?

 

 物事に対する認識がちょっと薄くなっている風潮の様に思えるは私だけでしょうか?

| ozawany | 視野の確認 | 07:58 | comments(0) | - |
大相撲。 竜電の体型がよい。 大鵬や白鵬ににてはいませんか?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 大相撲は不祥事に関わらず満席。 人気が落ちないのは不祥事からの影響がないからでしょうが、その理由は報道がいつまでも長たらしく人々が不祥事に興味をなくした。 日馬富士だけの問題だった、などでは? 以前に一場所が休みになった時の事とはくらべものにならないです。

 

 さて、竜電の体型が大鵬や白鵬の体型を思い出させます。スポーツマンの様に見えるのです。成績も良いようですし、取り組みが運動神経の良さが身体の動きに見出されているようにみえるのですが、さて貴方はどう思いますか? こうご期待。

| ozawany | 視野の確認 | 08:42 | comments(0) | - |
地球では小さな問題では? そのー1. 春馬富士。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 春馬?富士が大きな問題として取り上げられていてます。日本です。日本のニュースです。

 回数とそのニュースに取られる時間が多いです。それほど大事な事なのでしょう? 

 大相撲ですから、、、などと感じます。

 

 で、気づきました。大変なのは日本人だからです。 

 世界を見てみると日馬富士は関心が起こるニュースでとはいえません。

 日馬富士が大事なのは日本だから、日本のみの事でしょう。

 

追。モンゴルではどのような放送があるのでしょうか?は報道されませんね。なぜでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はるまぶい

| ozawany | 視野の確認 | 11:57 | comments(0) | - |
「両親」と「PARENTS」 の違い。 英語と日本語では違う。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 「両親」は両方の親という意味ですね。

  PARENTS は親の複数形。 「複数」ですが両方という意味はありません。

 

 日本語の漢字は両方が含まれていますが英語にはそれが有りません。ただの複数です。

 同じ意味と思われる日本語と英語ですが、違うニュアンスがあります。

 

 英語の日本語訳にはちょっとした違いがある。

 日本語の英訳にもちょっとした違いがある事に気づきました。

 

 

 

| ozawany | 視野の確認 | 10:19 | comments(0) | - |
電通が有罪。 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 有罪で納得。

1.親御さんは喜びました。

2.でも犯人はたった50万円ですみました。

3.これ有罪ですか?

 

コメント: 飲酒運転かなにかの間違いでは? 

 

 

| ozawany | 視野の確認 | 08:07 | comments(0) | - |
役者の揃ったヤンキース。あとはチームワーク。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 ヤンキースが予想に反して大活躍。

 気づいた事は9人の内の誰もがヒーローになれる事。 だれもがその一試合では特別な活躍をしている事です。 つまり、みんなそれぞれの実力を持っている事が分ります。 誰もが活躍できる可能性をもっています。

 

 そんな役者がそそっているのがヤンキース。 あとはチームをまとめる事ができればヤンキースは一番強くなれます。

 人材は揃っている事は明らか。 でもその実力を発せなけれない不発弾。 監督、ジェラルディ、キャプテン、スタインブレナーなどのの采配で決まるでしょう。 でもプレイヤー達が立ち上がる事も出来るのですから、見ものですね。

 

追。ジーター、早く帰ってきてくれ、ヤンキースのみんなの為に。

 

 

| ozawany | 視野の確認 | 12:24 | comments(0) | - |
携帯で居場所がわかる。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 携帯を無くした時にはGPSで探せる事は知っていました。 とっても便利であり、I-Pad など無くしてもみつけられました。

 そして携帯もなくしても見つけ出せたのです。

 

 でも、気づくとそれは普段でも自分の位置が他人に分かると言う事と同じである事を、です。

 つまり、私の伴侶はいつでも私の居場所を把握出来ると言う事にやっと気づきました。 クワバラ、クワバラ なーんてでした。 

 

追。 アプリが必要です。私のセルは登録されているかも?

| ozawany | 視野の確認 | 11:23 | comments(0) | - |
ユダヤ人を見分ける。  そのー1.

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「ユダヤ人をどうやって見分けられるのですか?」と良く日本人の方々から聞かれます。

 区別が出来ない人が多いようですので少し意見を.

 

 思えば私も最初は区別がつきませんでした。思い出して記載します。

1.鷲鼻が多い。 鼻が大きく、その中央のあたりで折れ曲がっている。 白人はまっすぐでキャンディス・バーゲンのように反り上がるように上を向いている人も多い。。 

コメント:ユダヤ人女性の鼻の整形は頻繁。良く視るとその事が分る事が多い。

 

2.賢い答えが返ってくる。 でもなぜか出し抜かれた感じが後でする

コメント: 賢いのです。出し抜くように先を見過ごして考えます。いつも常に絶えずです。

 

3.道義、律儀、信念、道徳など堅い事こだわらなくあくまで賢く先を考えて意見する。

コメント; 自己にとっていつも益を目的として他人と接している。相手の事をも考えているが、自分が先じる事を常とする。口上手。

 

4.いつも笑みを絶やさない。 どんな時でも同じ笑みを浮かべながら会話する。

コメント: 目のみである事に気づけます。 眼に微笑が常時たずさわっています。 でも良く視るとこの目のは日本人の目とは違います。

 

5.肌の色が白人より濃いい。

コメント: 白人とは全く白い人が多いですね。 ドイツ、イギリス、スカンジナビア などの人はピンク、青白さもあるでしょう。 でもユダヤ人は日焼けをしたような白人でもあります。 全く白い事はないのです。 イタリア人が少し色が黄色いというか日焼けをしてような肌の色であるし、鼻も大きいので間違う事が多いですね。 ユダヤ人とイタリア人は似ている事が多いです。

でも話せばすぐに分かります。 思考過程が違うのです。

 

 

 

 

 

 

 

| ozawany | 視野の確認 | 10:24 | comments(0) | - |
戦争が始まる。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 始まるでしょうね。 皆さんの思いとは反対に。です

 トランプもそうでしたね。 皆さんの思いとはちがっていたのです。

 最初からわかっていれば避けられる。 わかっていないのが起きる事でもあるのですね。

 

 私が間違っている事がよいのですが、、、、。

 

| ozawany | 視野の確認 | 10:37 | comments(0) | - |
日本のニュースじゃ世界が分からない。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

日本のスポーツ・ニュースでは日本人のみが中心。

 

 1.日本の18歳未満の野球チームの3位決定戦のニュース:4回で得点した後は相手を寄せ付けづに圧勝と。 清宮とか中村などの活躍が報道される。 でも1位と2位のチームは何処かの報道が抜けていましたのでわかりません。

コメント: 日本が一度負けた相手に勝って4位じゃなく3位になった事が大事、それも良くやったと言う事が大事というセンチメンタルな報道でした。


 2.伊達公子が出場する生涯最後のトーナメント: 練習風景を見届けてほしいなど。 同時に一回戦の相手の名前と世界ランク(67位)が表示されました。でも伊達の今のランキングは載って居ませんでした、なぜ?

コメント: 伊達が最後である事が大事なニュースなのですね。 日本人に関心が起こりえる事。 多分伊達のンキングは67位以下なのでしょう。 でも、ガッカリしないように伏せているのかも。

 

 日本のスポーツ・ニュースでした。 これじゃ日本人が世界でどんな位置にいるのかを把握はできませんね。

 それでも良いのでしょう。 日本のニュースは日本人の為だけですから。

 日本人だけに通日気持ちを煽って話題としているのです。

 日本国内での話題提供であり、世界を対象にしたものでは無くても良いのでしょう。

 

 日本のニュースは日本人の為にだけあるニュースなのでしょう。

 世界の中での視野や事実より、日本の中での視野と事実が報道されている事に気づかざるをえません。

| ozawany | 視野の確認 | 09:26 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

このページの先頭へ