小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
子供が自分とにてない。  そのー2. 本当は似ていた(改定版)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 私は昔から母親似といわれていました。私の顔が母親似と同時に、いつも母親にべったりとだった事もしてきされていました。もちろん一方で兄は父親にの顔でいつも父親とよく話としていたのです。 

 

 そんな私が30を過ぎてお酒も飲めるようになったことです。突然、父親と話が伝わるようになったのです。面白い展開でした。

 私が読んでいる週刊誌と父親の読んでいる週刊誌が同じだったのです。突然私は父の考えている事が手に取るように理解出来始めました。話が合い始めたのです。

 一方、兄は子供ができた後には父とぶつかってその後には話をしないようになりました。。

 

 私事で恐縮ですが、子供は見かけによらずあなたに似ている事もあるのですね。 年齢をかさねると新しく違う性格が現れる事が多いのではないでしょうか? 子供は時間をかけて見守ってゆくべきでは、大人になってからも。

 

| ozawany | 子供を愛する | 21:53 | comments(0) | - |
子供が自分と似てない。    そのー1.でも自分の子供だから。 (改定版)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 親が子供を愛する事は当たり前を思います。でも子供が全く自分と似てない時があります。 そんな時りますに親が子供を愛せるのでしょうか?

 思い出すのは、兄(長男)は父親を仲が良かったですが、親戚のいとこの長男には父親とうまくいってない二人がいました。10代の私にはわかりませんでしたが、今は理解できるかも。

 また、自分に出来た息子ともう一つ波長が合わない事が出てきたときに考えさせられたのです。

 文句を言っている自分にこたえない息子をみてきづいたのです。息子は私と違うと。

 と同時に気づかされて事は「息子は「生まれたとうりに生きようとしている」のだと気づいたのです。本当に考えさせられました。

 

 そして気づいた事は次。

1.子供とは自分の子供。どんな事があっても自分の子供。なら絶対。どんなに自分と違っても愛情を注ぐ事。

2.神様が授けてくれたのですからそれなりの理由がある筈。 自分がそれを理解していないだけで文句を言わない。

3.どんな子供でも自分の子供だから誇りに思ってやることが大事。

4.改めてみなおしてみると、自分とにている部分にているが見出せました。 

5.私が最初から期待過ぎて、見過ごしていた事が多い。 自分と同じ部分が隠れていたというか、自分が見過ごしていた。。

6.私がばかでした。 子供は宝であり、自分のエゴで判断するものではなかったのです。

 

てなことで、息子を愛する事に専念できるようになりました。

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 21:52 | comments(0) | - |
子供を教える事とは。   そのー3. 愛情のみかも。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 5人のお子さんを上手に育てた立派なご婦人から教えられた事です。

 彼女曰く「何も心配しなくてもいいのです。愛情があれば」と。 確かにそうだと思えると同時に自分の愛情とはどれだけ?と何時も考えさせられます。

 

 私は中学校で少しつまずき遠回り、大学卒業後にも迷いました。 

 でも、両親は文句も言う事はなく私を行き着く所まで見守ってくれた事が後に理解できました。

 大変感謝します。これを愛情と理解して良いと思うのです。

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 05:09 | comments(0) | - |
子供を教える事とは。   そのー2. 親は子供に映っている。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 子供は親の背中をみて成長する、ですね。 おかれた環境から学びます。 毎日びます24時間知識を吸収しているでしょう。。

 もしかすると、毎日より毎分、毎秒感じ取っているでしょう。そんな時に親が意識をもって教える言葉なんて子供にとっては何百、何千の一の情報でしかないかも。

 

 環境から学ぶことが99%で親からは1%以下かもしれません。

1.親が教える事は子供にとっては一瞬の出来事。

2.常時周囲から無意識に吸収している一瞬に間の事とは全く少ない。 無意識にでも。

 

 つまり、親の説教なんて24時間の中で一瞬の時間に挟みこまれる経験かも?

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 08:31 | comments(0) | - |
子供に教える事とは?    そのー1. 教える事は一緒にいる事。

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 子供は学びます。親が考えられないほどのスピードで周りのすべてからあらゆる事を学びます。 知らないうちになんでもしっている事に気づきます。

 一方、親はどうしても「自分が教える」なんて考えて口出しをします。が事実は「子供はもう知っていた」なんてことが多くあります。 そうですね、子供は親の知らない間に学びます。

 

 では、問です。

1.親はいったいどれだけ子供を教えられるのでしょうか?

2.自分も子供でした。 では親から学んだ事は何だった、何をまなんだ?

3.そんなことを思うといま自分が子供に教えようとしている事は自分が親から教えられたことではない事に気づいたりします。

4.すると、自分が子供に教えようとしている事は自分のエゴであることに気づかされます。

 

 教える事とは難しいです。

 私は教える事とは「一緒にいる事」と考えるようになりました

 子供にとって親はいつも一緒にいてくれる存在であれば安心してのびのびと成長すると思うのです。

 

 子供は教えなくても学んでくれるのではないでしょうか?一緒にいれば教えなくても子供は学ぶのではないでしょうか

 一緒にいる事が一番大事だと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 08:19 | comments(0) | - |
息子に「元気?」と聞く。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

  留学中の私を大きく支えてくださった方々が数人います。彼等の面影は何時でも思い浮かび励まし続けて下さります。私の財産となっています。 

 最近気づきました。それは誰もがその笑顔と同時に「元気?」と声をかけて下さっていた事でした。 浮かぶ笑顔のなかにその声がいまでも聞こえてくるのです。

 

  私は子供に笑顔で「元気かい?」と聞く事にしました。 それ以上は聞く必要がないと思うのです。

  子供が「うん」と答えてくれる時には幸せを感じられます。 「これで良い」と。

 

追:祖父さん、モンセンさん、叔父さん。有難うございました。 

 

 

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 08:56 | comments(0) | - |
思春期の息子から学ぶ。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 最初は思春期の子供は難しいと感じました。

 息子が14歳ぐらいからでした。 目を合わせようとしなくなったのです。 会話をするのが難しいので構わないで、ほっておく事にしました。 そして約一年我慢が続きました。

 

  最近、彼が目を合わせてきました。 嬉しくなりました。 でもあえてまだ知らんふりで通しました。 そして少しづつ彼から話してくる機会が多くなってきました。

 すこしづつ話会えるようになるでしょう。かれは自分なりに成長してきていると考えて見ました。

 と同時に、私も彼と同じように成長しなければならない事にもきづきました。自分を見返り、見直す事、さらに自己の成長に励んでいる姿ができれば彼の目にも映るのではないかとかんじるのです。。

 

 私は「子供は親が育てる」のだと思いがちでしたが、ちがうかもしれません。

 子供は育つのですね。

 待っていてやれば育ってくれる、と思うようになりました。

 と同時に、自分は成長しているんじゃなく、これからも成長し続けなければならない事にあらためて知る事になりました。

 

 私の子供です。私と同じぐらいには育つでしょう。 そう考えると子育てが楽になりました。

 信じて放置、いえ待っている、いつも心はそばにいてやる、文句をつけない、言わない、自分を顧みる、子供はフレッシュで誠、自分は古着を着ているように既成観念をすてなければ、、、なんて自問自答が楽しいです。

 

 子供をそだてているとおもっていたら、本当は自分を育てなけらばならない事にきづきました。 親ばかでした。

 

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 07:07 | comments(0) | - |
子供は他人になつく事も大事では?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 人見知りをする、人になつかない子供が多い事に最近気づきました。不思議です。 

なぜなら、子供は外からの刺激が必要ですから。

子供は周りから、世の中の多くの違った事に触れる事によって学んで行くのではないでしょうか?

 人見知りをする事は下界に下りる、つまり外を触れある事が出来ない事でしょう。。 

 

 ある親御さんに聞いてみました。「貴方自身が人見知りしているのではないですか?」と。

 彼女は納得し自分にがそういう傾向が有る事を。

 

  原点を考えましょう。

1.子供は人になつきたいと思っているのです。なぜなら他人は親と違って知らない新鮮な刺激であるのです。新しい知識です。

2.子供は知らない物に出会って学ぶので、知らない人達に出会って知識をえて喜ぶのです。

3.接する事によって知る事ができるのです。

 

 人見知りをすると言う事は幼少時にすでにお宅になっている事ではないかと危機感をかんじても良いのではないでしょうか?

 

追。私は子供が生まれた時から他人と出来るだけ接触するように励みました。違った人達と触れ合う事が大事と思ったのです。たとえ本人には意識がない幼児であっても他人の空気を触れさせようと努力しました。おかげがどうか分かりませんが息子は他人とすぐさま知り合う事が出来る子供に育ったようです。クラス・メートとの付き合いからの問題は無いのでホットしています。

 

 

 

 

 

| ozawany | 子供を愛する | 12:04 | comments(0) | - |
子供が自分と違う時。 親ばかが発覚。 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 子供は自分と違っている事に気づきました。 そしてちょっとどころか大きくガッカリしました。同時に腹も立ってしまう事があります。

 お前は私の息子なのになんで違うのだ!なんて思ってしまいます。 そうです。思ってしまいました。しばらく。

 でも、気づきました。 息子が自分と違う事のほうが大事である事に。 気づくまえに思っていたのは、次。

 

 思えば子供には私より賢くなって欲しかった。 でも間違っていて当たり前。 良くおもえば違った部分で私より賢い息子です。。

 思えば自分の子供が「自分の思い通りで有る筈」と思っていた自分が間違っていた。

 思えば、自分の子供だからどんな子供でも愛する事ができる。でも文句を言っていた。

 改めて思えば、自分と同じじゃなかって良かったかも。

 思えば、自分のバカさ加減が息子が受け継がなかった事にきづきました。。

 

 親とは馬鹿です。 

 そんな私は息子に負けないようにいつまでも精進する事が大事、息子の為、自分の為、つまり家族の為とかんがえられるようになりました。 やっぱり親ばかなのでしょう。。

| ozawany | 子供を愛する | 20:58 | comments(0) | - |
思春期の息子がチラッと私をみます。 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 思春期の息子を放置というか父親の私は一切干渉しない事にしています。母親が十分に干渉している事もその理由でもありますが、私は息子がもうこの年齢なら今更とやかく言うのは遅かりし、もう彼に任せようと考え、私は彼には無関心で私の問題に集中するのみに過ごしています。

 そんな無関心な私が息子の脇をすり抜けたりする時にです。息子はチラッと私を盗み見るように目を向けてくることが有ります。

 私は息子が私に関心を持ってくれた事に「ふと気づいたように」目をむけます。感心を持ってくれた事は嬉しいので息子にニヤッとした笑顔を返します。 すると息子は同じようにニヤッとした顔を返してくれるのです。

 そんな時に私は親子というか誰にも分からないような繋がりを感じると同時に「こいつは大丈夫だ。俺も大丈夫で居てやらなくちゃー」と思うのです。息子にも励まされているようにも感じるのは親ばか、でも幸せでもありますね。

 

追。彼は私と違って沢山の良い所が見かけられます。 そんな他人のような存在の人間が私の息子である事に私は幸せを感じます。 又親ばかでした。すみません。

| ozawany | 子供を愛する | 10:21 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ