小澤 ニューヨーク

文化の違いから考える
英語は2年以下で喋れる。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 日本人と違ってほとんどの外国人は2年ぐらいで流暢な英語を話します。でも日本人には無理です。なぜでしょう。

 外国人は英会話コースを半年くらい、時には一学期を終わる前にやめる人もいます。なぜでしょう? それはそれ以上必要なくなるからです。 一方日本人は1年、2年と通ってもよく話せません。 この違いを理解して下さい。

 その理由は二つあります。1)聴覚。2)日本語に子音が無い事。

 

1.聴覚の発達は7歳前後で終わるのです。 その後はいくら L とR の発音を聞かされても聞き取れないのです。 これが7歳以前に聞かされると、聞き分けられるようになります。 息子は4歳半で私の発音の間違いを指摘しました「パパ、違う」って。

2.日本語は全て母音でなっています。日本語は約120−140ぐらいの音からで成っています。英語は800.中国や韓国は1000ぐらいの音が有るのです。彼らは小さい時からそれだけの音を聞きながら育つので聴覚が英語に対応できるのですが、不幸にも見本人の140の耳の穴には多くの音が同じ穴にはいってしまい雑音となってしまうのです。

 

 理解できましたか? 日本人には英語が雑音、「ぶるぶる、ばらばら」というような雑音としか聞こえないので聞き取れません。意味を調べることも、言葉を反復して聞く事も出来ません。 スペルは?としか。

一方、中国人や韓国人は英語の発音を一つ一つ聞き分けられるので、言葉の意味を聞き返すこともできるし、自分で辞書を引く事も出ます。 なぜならスペルがおよそわかるからですね。 すると自分で英語の上達が図れます。日本人が無意識に大人になる段階で大人の、社会人の言葉を自然に学ぶように、彼らやその他の外国人はそうやって英語が上達するのです。 日本人だけがハンディがあるのですね。決定的な聴覚の欠陥です。 日本の教育が原因です。

 

 

| ozawany | 間違った教育 | 19:45 | comments(0) | - |
愚民政策。 日本は嘘ばかり。
JUGEMテーマ:日記・一般
 愚民政策という言葉を知っていますか? 
広辞苑では「為政者(政治家)が民衆を無知の状態におとしいれて、その批判力を奪おうとする政策」(注ー1)とあります。 日本の事です。

 国会ではいつもあり変わらず「国民の声を聞いて、、、」などと言いながら、知らない間に決めています。 いつどこで聞いたのかの証言はなし。 議論は一般国民には解らないままに勝手に自分達だけで決めて「こうなりました」と伝えるます。 
 政治家といわれる政治屋さん達は政界というグループの中で、「こいつを吊るしてやろう」、「こいつに恩を売っておこう」とかの策と計算だけで出来上がっています。 順ぐりにポストを与えているのも目に見えてます。 自分達だけが特権階級として権力とついて来る恩恵(金)を必死にしがみ付いて、いえそれだけを念頭において立ち回っています。 まったく困ったものです。 私たちの税金で食っているのに、なぜ威張ってばかりで横柄で自分勝手が出来るのでしょう。 謙虚さなんて微塵も無いですね。 これが民主主義とはチャンチャラ可笑しいでしょう。 まあ、国民も何も言わないし盲従しているのは同じ狢ですけど、、、。 
 NHKの会長、越何とか、の醜態には目をつぶりたくなりました。 こんな下品で教養のない人を誰が任命したのか分かりました。 驚く事にその人は安部です。政府がNHKの会長を指名出来るのです。 NHKは政府の傘下。 報道は当然のように規制され政府の思うままでしかないのです。
 報道の自由なんて日本には無いのと同然。 愚民政策です。つまり、「貴方は何も知らなくてよい、俺たちがチャンとしているのだから、俺たちに言う事を聞いていればよいのだ」と言っているのです。
 後藤さんの事しかり、福島は言うまでもなく、福知山線、笹子トンネル、300日規制とか何とか(戸籍の問題)、思い当たりませんか? いつも政府は処置が後手に回っていても、「想定外」と詭弁をいい「何々をして上げているのだから、、、」という上から目線です。
 
      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1:大辞泉では「為政者がその権力を保つため、人民を政治的に無知な状態にしておこうとする政策」
明鏡国語辞典では「支配者が権力を保つために、人民を政治に対する批判力をもたない無知な状態に置きとどめようとする政策」とあります。
| ozawany | 間違った教育 | 12:52 | comments(0) | - |
健康保険での治療から起こる害。
JUGEMテーマ:日記・一般
もう私が歯科医である事はお分かりと思うので隠さずに歯科の事を少し書く事にしました。
今回のブログではozawashikany.jugem.jp とはちょっと違った見地から書きます。

 まず、日本の健康保険では検診に行くとその費用が認められない事をご存知ですか?
これは全く理屈にあっていません。なぜなら医者や歯科医の役目は患者に自覚が出来る前に発見する事が役目であるのです。 人に何か分かる事(病気、虫歯)があることに気づく前に見つける事が役目です。
しかし、残念ながら日本のシステムは後手システムなのです。 「悪くなったのは貴方なので、治療してあげます」と言う姿勢である事に気づきましょう。
 悪くなった人を治療するのが医者と考えられているのは昔からの事でしかなく、現在では検査が非常に発達しているので、病気や虫歯が医者や歯科医は早期発見が可能になっているのです。 ですから、これに重きを置くことが大事なのに、健康保険はそうではなく、未だ後手にまわった仕組みになっています。 
 早期発見、早期治療、つまり患者さんが気づく前に気づいて早期治療をする仕組みにはなっていません。 この事を認識して、健康で虫歯がないと思っていても、定期的な診察をしてもらいましょう。保険がでないのなら自費で払えば細かい検査もしてもらえるでしょうし、早期発見になります。  日本の健康保険は全く遅れているのですから、患者であるあなたから申し出るようにしましょう。大きな理由は次です。

 
 まず、病気や虫歯は発生した時点では本人に自覚は起こらない事である事を認識してください。 自分から健康なときにチェックしてもらう事が大事なのです。

 笹子トンネルなどは典型的ですね。 8月に検査をしていた(検査と言えるほどの事ではないのです)のに、12月には6人も死人が出る事故が起こりました。 これは、8月から12月の間に起こった事ではありません。 腐食、危険度は8月以前にもう起こっていたのです。
天井が落ちるなど、そんな腐食は何年も前から始まっていたとしか考えられません。 でも検査していたというのは、検査がきちんと出来ていなかった、していなかったと言う事です。

 歯科、や医療でも同じ事なのです。すべてが後手にまわってでしかしてもらえていません。
以上の事を考えて、自己管理は一人の人(医者、特に歯科医)に任せるのではなく、何人にも診断をしてもらう事が大事である事をお伝えしたく思って書きました。特に大事なのは、歯科医に「自分の歯の検査を同じ様な扱いをしてもらいたい」と告げる事もできるでしょう。
多少の費用はかかりますが、バイト・ウイングのレントゲンを取ってもらってください。
そして、歯科医が自分ならどんな治療をしてもらいたいかをきき、それが多額すぎるなら、何とか折り合いを付けた治療を考えてもらい、3ヶ月ごとなり、6ヶ月ごとなり、検査してもらいましょう。
 

 


 
| ozawany | 間違った教育 | 18:29 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ